職業と属性で消費者金融の審査通過率と限度額が決まる!?

消費者金融の審査は職業と属性で通過率と限度額が決まるのか?

皆さんは消費者金融の審査通過率は何で決まると思いますか?

 

 

勿論、その人の信用力と返済能力が大事であることはいうまでもありません。

 

 

さて、消費者金融会社がお客の信用力と返済能力を計るバロメーターとして「職業」と「属性」をかなり重視します。

 

 

職業と属性で審査の結果が半分以上決まると言って過言ではありません(残り半分は個人信用情報機関のデーター)

 

 

今日は消費者金融の審査で大切なウエイトを占める職業と属性について解説します。

 

 

消費者金融の審査を通す前にしっかりとこの記事を読んで自分の職業と属性を把握した上で、自分が借りれる消費者金融をお選びください。

消費者金融の属性とは?

消費者金融でいう属性とは「お客の年齢、職業、収入、居住、家族構成など」です。

 

 

つまり職業も属性の中に含まれます。

 

 

この属性が高ければ高いほど消費者金融の審査が通りやすくなり、借りれる限度額も多くなります。

 

 

逆に属性が低ければ低いほど審査が通り難くなり、借りれる限度額も少なくなります。

 

 

さて、、この属性ですが、消費者金融会社は細かく項目を分けてスコアリング(点数化)しております。

 

属性のスコアリングが高ければ高いほど審査に有利という訳です。

 

 

具体的には以下のような感じです。

 

 

【消費者金融の属性のスコアリング例】

 

 

⇒年齢のスコアリング

 

年齢が30代〜40代の働き盛りで収入も多い年齢層が最もスコアリングが高い(属性が高い)といえます。

 

逆に若年層や高齢者は低いスコアリングです

 

 

⇒収入のスコアリング

 

収入のスコアリングはただ、収入が高ければ良いという訳ではなく、毎月の収入安定性も重視されます。

 

収入が高くて安定していればいるほどスコアリングが高い(属性が高い)といえます。

 

 

⇒職業のスコアリング

 

職業では公務員や大手上場企業などの安定した職場ならばスコアリング(属性)が高いといえます。

 

逆にフリーターや派遣社員、パートタイマーなどの非正規雇用者はスコアリング(属性)が低いといえます。

 

自営業者も収入の安定性に不安があるので消費者金融の審査では低いスコアリングを付けられます。

 

 

また勤続年数が長ければ長いほどスコアリングが長いといえます。

 

 

 

⇒居住のスコアリング

 

居住は持ち家がスコアリングが高いです。

 

自分所有で住宅ローンが残って無ければ一番スコアリングが高いです。

 

逆に賃貸や社宅などはスコアリングが低くなります。

 

また居住年数が長ければ長いほどスコアリングが高くなります。

 

 

 

⇒家族構成のスコアリング

 

 

家族構成は、一人暮らしは審査に不利とされております

 

従ってスコアリングも低めです。

 

一人暮らしは借金が苦しくなっても助けてくれる家族がいないという理由と、いざと言う時に一人だと逃げるリスクが高いからです。

 

 

家族と同居しているというケースが最も審査に有利でスコアリングが高くなります。

 

 

夫婦と同居の場合は奥さんが働いていれば、スコアリングが高くなります

 

 

 

子供の有・無も審査のスコアリングに影響します。

 

子供が多ければ多いほど生活費の負担が大きくなるのでスコアリングが下がり審査が不利になるとする消費者金融もあります。

 

 

 

 

・・・・以上、消費者金融では色々な項目毎に事細かくスコアリングされることをご理解頂けたかと思います。

消費者金融の審査は職業と属性が大事記事一覧

学校の教師は消費者金融の審査に通りやすいか?

学校の教師が消費者金融でお金を借りる事ってあるのでしょうか?疑問に思う人も多いですが、意外に多いです。教師など堅い仕事をしている人ほど私生活は遊び人が多かったりします。パチンコや競馬などのギャンブルが好きなのも教師に多いお酒が好きでたばこ吸っている教師も比率として圧倒的に多いですからね。またキャバク...

≫続きを読む